曲の生まれる瞬間に立ち会えたら。

“Blackbird”はビートルズの曲としてあまりにも有名だが、その”Blackbird”を作ったポール・マッカートニーがウィングス時代に、”Bluebird”という楽曲をリリースしている。

この”Bluebird”はタイトルから見ても、おそらく”Blackbird”から派生して出来た曲なのではと憶測してしまうのだが、改めて”Blackbird”のサビをコードGm7で歌ってみると、なんと”Bluebird”の出だしと全く一緒のハーモニー(調は変えている)である事に気付く。

これは勝手な想像だけれども、おそらくポールは”Blackbird”を何気なく歌っていて、サビのコードを歌メロのモードに沿うように、FからGm7に変えて弾いて歌ってみたところ、とてもいい感じだったので、そこから”Blackbird”に関連する意味内容を歌詞として設定し、”Bluebird”を作ったのではないだろうか。

…なんて想像するととても面白いのだけれども、結局はただの偶然な気もする。でも、僕の想像が本当に”Bluebird”の生まれるきっかけだったとしたら、と考えるだけで、何だか楽しくなってしまうのだ。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中