ライブとは、人を感じる場。

これまで、数え切れないくらい色々なライブコンサートを観てきた。

心に残る、感動したライブには、いずれにも共通点がある。それは、その時間、その空間におけるあらゆる場面で、”人間”を感じれたという事。

言うまでもなく、音楽的に最高水準のモノを持ち合わせていればいるだけ、広大かつ繊細な表現が可能であり、聴き手はそれを体験するチャンスを得ることが出来る。

しかし、どんなに素晴らしい作品が目の前に現れても、聴き手の受け入れ態勢が整っていなければ、せっかくのものが水の泡同然になってしまう。その聴き手の受け口を柔軟にさせることができる最大の要因が、人間性にあるのではないかと思っている。

音楽そのものに、その人間性が溢れる程に詰まっているのが理想なのかも知れないが、一方で、MCや演奏時のパフォーマンス、あるいはミス、そういったものに人間性が垣間見れても、僕はそれはそれでとても魅力的だと感じてしまう。

ライブは生き物。その生き物(空気)をどれだけ自分がコントロールするのか。

そこを無視しては、感動するライブの実現はきっと難しい。

結局、感動してなんぼの世界なのだ。

ちなみに僕が人生で初めて参加したライブコンサートは、元ビートルズのリンゴ・スター@日本武道館(1995年)。なにしろ本物だったので、それだけで感動した。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中